がんによって併発する危険な病!注目される最新の治療法とは

QOLの向上でがん症状が抑制できる【併発する病のリスクも回避】

QOLを支えるためのリハビリとは

優れた免疫療法を受けたとしても、本人のQOLの低下によって免疫力が低下している状態では、十分な効果は得られないでしょう。がん治療と並行してQOLの向上を図ることで、がんの進行を抑制し、併発する心筋梗塞や脳梗塞のリスクを回避することができます。

リハビリの目的とは

一般的なリハビリは、治療後に残った障害を回復させるために行なうものですが、がん治療におけるリハビリは「がんの予防」を目的としたものです。がん治療が始まる前、または治療を終えた後に実施することで、がんによるさまざまな合併症や治療後の後遺症を予防することができます。手術療法でのリハビリでは、呼吸リハビリテーションによる肺炎の回避や不安感を取り除き、術後の回復力を向上させることができます。化学療法や放射線療法でのリハビリは、治療中・治療後に行なうことで体力の向上とストレスの軽減ができます。化学療法などでのリハビリは運動療法であり、運動によって心身のバランスを整えることで免疫力の向上なども図ることができるでしょう。

がんの治療進行別で見るリハビリ過程

がん診断時

がんの診断時にリハビリを行なうことで、がんの進行を抑え予防をすることができます。対象となる人は、特にがんによる機能障害が起こっていない人です。

治療開始時

治療開始時に並行してリハビリを行なうことで、治療中・治療後の機能回復を図ることができます。主に対象となるのは、がんの症状によって機能障害や体力の低下が見られる人です。

再発・移転時

がんの再発や転移時にリハビリを行なうことで、運動能力の維持を図ることができます。がんが体の中で増殖すると、さまざまな機能障害が発生するため、こうしたリハビリが行なわれます。心身の負担によって寝たきりの状態となる「廃用症候群」を防ぐ目的でも行なわれます。

がんのリハビリに関するQ&A

がんのリハビリはどこで受けられますか?
病院の診療科目に「がん患者リハビリテーション科」がある病院であれば、がんのリハビリを受けることができるでしょう。特に、がん対策基本法に基づいて、全国のどこでも質の高いがん治療が受けられる「がん診療連携拠点病院」なら、一定レベルのリハビリを受けることができるでしょう。がんのリハビリを受ける病院を探しているなら、一度がん相談支援センターに連絡してみましょう。地域や都道府県のがん診療連携拠点病院の詳しい情報や、病院でのリハビリテーションの費用について相談をすることができます。

脳梗塞や心筋梗塞の併発を防ぐための生活改善

生活のQOLを高めるためには、普段からの生活習慣を改めることも重要です。特にがん患者の場合、がんの進行の抑制と併発する病状への予防のために、生活習慣の改善は重要な意義を持つのです。

併発リスクを下げるためには?

女性

がんと脳梗塞などの脳血管疾患、心筋梗塞などの心疾患は、3大生活習慣病と呼ばれる病です。これら3つの病は、どれも肥満などの生活習慣病によって発症するリスクが高くなるからです。生活習慣を改善すれば、がんを始め併発する病を予防することができるでしょう。

改善必須!併発を予防するための改善箇所

喫煙
喫煙による習慣は、肺がんを発症するリスクを高めるとされています。タバコに含まれるニコチンやタールは、肺の細胞に大きなダメージを与えるため、毎日のように吸い続ければがんが発症しやすくなるのです。また、喫煙によって血管が細くなることもあり、血管が詰まることで発症する急性脳梗塞や心筋梗塞に罹る可能性も高くなります。
飲酒
アルコールは体の組織に炎症を与え、さらにアルコールに含まれる発がん性によって、がんの発生を誘発させます。口腔がんや食道がん、大腸がんといったお酒が体内に入る経路にがんが発生するほか、アルコールの分解によって現れるあるアセトアルデヒドの影響で、肝臓がんが現れやすくなります。さらにアルコールは、動脈硬化の原因ともなるため、過度な飲酒を続けていると脳梗塞が現れやすくなるのです。
食生活を整える
過度に脂質や糖質、塩分の多い食事を取り続けると、体内のコレステロール値が上昇し、肥満になりやすくなります。肥満の人は、そうではない人に比べてがんの発症率が高くなるという研究結果があるため、食生活が乱れるとがんに罹りやすくなるのです。また、肥満になると高血圧や血中コレステロールによる血栓が発生しやすくなり、血栓が原因となる心筋梗塞や脳梗塞が現れやすくなります。

生活習慣の改善を意識することにより、QOLの向上と併発する病の予防ができるようになります。このような生活習慣の改善は、自助努力だけで行なうことは難しいものです。医師のサポートや家族の支えによって、効果的に生活習慣の改善を行ないましょう。

動脈硬化の発症リスクも大幅に低下する

規則正しい生活を送ることで、3大生活習慣病だけではなく動脈硬化の発症リスクも低下します。最近では動脈硬化に有効な新薬も続々登場しており、併発リスクに不安を感じている人の強い味方となっているのです。薬物療法で効果が見られない場合でも、血中の悪玉コレステロールをコントロールする「LDLアフェレーシス」という療法があります。コレステロール値を正常に保つことは、動脈硬化だけではなく狭心症といった症状にも高い効果を発揮するのです。

EPAの服用はガン治療の効果を高める

生活習慣の改善に効果的といわれている成分といえば、不飽和脂肪酸であるEPAです。このEPAは、主に青魚などに含まれており、摂取することで血液をサラサラにして脳梗塞や心筋梗塞を抑制します。また、このEPAはがん細胞の増殖も抑えることが研究で明らかになりました。がん細胞は増殖をするために、アラキドン酸由来のエイコサノイドと呼ばれる物質を利用します。EPAはこのアラキドン酸エイコサノイドが作られることを抑制できるため、体に取り入れることでがん細胞の増殖・転移を防ぐことができるのです。また、EPAによって免疫力の向上や、細胞膜の変化により、がん細胞の増殖やがんのリスクを抑制するさまざまな効果が得られます。服用を検討する際は、必ず担当医に確認してから利用するとよいでしょう。

TOPボタン